年齢とキャリアは正社員になるためには重要である

フリーターから、正社員への就職を果たすには、やはり『年齢』はある程度重要です。

 

例えば、あなたが20代というのであれば、まだまだ将来性もありえる年代ですが、これが30代、40代となるごとに採用状況は厳しくなる事は、言うまでもありません。

 

つまり、フリーターから正社員になるためには、『年齢』や『キャリア』は重要。

 

その希望する会社における即戦力になりえる人材であるかを採用する側はやはり重視する部分なので、『年齢が、やばいかも‥』という方は、あきらめずに経験を積むべく派遣会社等で働くという事も検討されるべきです。

 

更に、各地域では、フリーター等における就職支援を行う活動もしておりますので、そうした制度を利用し、何らかのキャリアを持てるように検討されてみるのもひとつの方法です。

 

中には、企業でも中途採用を行う場所も存在しますので、まずは、就職活動を行っていきましょう。

 

迷うより、まずは動く。

職安やハローワークなどを利用できるものは利用する!

正社員になるためには、相当な労力も必要となりますし、1歳でも早く活動を起こす事が大切です。

 

もちろん、その道は厳しいものになりますが、正社員になるための方法は、色々な方法が考えられますので、利用できるものは、利用し、活用できるものは、どんどん活用し、経験を積み、正社員への採用をつかみとってください。

 

まずは、ひとつの手段として、お近くの職業安定所、つまりハローワーク等を利用し、国もしくは地方自治体などにおける就職支援の制度とは、どんなものなのか?という部分から探ってみるのもよいのではないでしょうか。

 

フリーターから正社員の道は、年齢が既に30歳を過ぎている、会社における経験、キャリアもない、という場合は、相当過酷な道のりですが、あきらめずに頑張る事で、その道は必ず開けるものといえるのです。

 

ただし、努力なしでは、その成功もありえない事は、よく自覚すべきですね。

 



このページの先頭へ戻る