正社員を目指して経験を積む

フリーターから正社員を目指すという事は、相当大変ですし、現実問題として簡単な事ではありませんが、色々な手を使い、その正社員を手にする事は可能です。

 

ですから、フリーターだが、正社員としての道へ進みたいという場合は、まずは、派遣会社等を利用し、正社員を目指す業種の経験を積んでいく事も検討されてみるものよいでしょう。

 

ここで、フリーターとして、一生働く場合と、正社員として一生働く場合とで、どの程度の賃金差が生まれるか?という部分を少しだけ、ご紹介したいと思います。

 

この差を目視し、フリーターの方が、本当にこのままで良いか、否かをよく考えていただきたいと思います。

 

フリーターで、働く場合、もちろん長年同じ場所へ勤める事で、多少賃金が上がるかもしれませんが、それは、時給数百円程度の話。

男性は将来を考え早いうちに正社員の道へ

これが、正社員となれば、ボーナス等も支給される事も当然ですし、月給も数万、数十万単位で上昇していきますから、将来的にその差を見れば、到底追いつけるはずのできない差が生まれます。

 

正社員は、一生働いておよそ数億単位となりますが、フリーターが一生働いても数千万単位。

 

どの道を選ぶかは、その方自身の考え方ですが、フリーターから、是非とも正社員を、という方は、1歳でも早いうちに正社員となるための活動を行うべきです。

 

もちろん、仕事は、お金だけではありませんが、これだけ、差がつくと、女性ならまだしも、男性の場合は、いずれ結婚し、家庭を持つ。

 

そうなると、当然家族を養う身となりますから、フリーターを卒業し、正社員の道を選ばれることは、必要かもしれません。

 

30歳を超えると、正社員に道は、ぐっと狭くなりますが、いくらでも正社員になれる方法は、存在しますので、あきらめずに前を向き進んでいく事がまず、大切です。

 


このページの先頭へ戻る