キャリア=職歴を作る

フリーターから正社員を目指す事は、相当過酷である事は大前提です。

 

甘くない現実が待っている事は、就職活動をする前にまず、心得ておくべき。

 

又フリーターから、正社員への道を目指すには、何より『キャリア』をもっているという事を見せられるように職歴を作る事は当然必要です。

 

いきなり、フリーターから、中途採用でうまく正社員になれた、という話はありませんので、職歴を作る事も大前提で、経験を積んでいるということをしっかりと会社に見せられるようにしておく事も重要です。

 

また、フリーターから、正社員になるための道筋のひとつとして、派遣等の求人を利用するとか、既卒者を募集する、既卒者向けの海外就職というのも一つの選択肢として存在します。


紹介予定派遣とは?

その中で、紹介予定派遣等というような働き方も検討すべきで、この場合、派遣会社との雇用関係を結び、ゆくゆくは、正社員となる可能性もあります。

 

したがって、正社員になる事を選定として働ける事となりますから、フリーターから正社員を目指すのであれば、この方法がより確実に正社員の道を目指せる事になりえます。

 

ただし、この場合、働く側と企業側の意見が合意、つまり働く側は試用期間を経て、正社員として働く意思があり、尚且つ企業はその社員を雇いたいという場合のみの話です。

 

ですので、必ずしも、という事ではありませんので、派遣社員として働き、尚且つそこからは、正社員になるという意気込みがあり、尚且つ仕事もきちんとこなし、企業における即戦力になり得る存在になろうという気持ちも重要です。

 

この場合、選択が一番重要で、どういった業界を選ぶか、尚且つどういった企業で働くか、ということは、派遣会社に委ねられることですので、その選択は十分の検討すべき事ではありますね。

 


このページの先頭へ戻る