企業面接を受ける場合の心構え

フリーターから、正社員を目指す事は、かなり厳しい道のりとなりますが、最初から、到底無理とあきらめていてはいけません。

 

必ず、努力する事で、その努力は報われますので、あきらめずに、頑張っていただきたいと思います。

 

そこで、フリーターさんが、正社員を目指すにあたり、企業における面接を受けることは必須ですが、その面接における心構えを少しだけ伝授していこうと思います。

 

そのまえに、フリーターさんは、そのフリーター時期の空白をごまかし、嘘を書いてしまう方がおりますが、これはいけません。

 

多かれ少なかれ、簡単に見破られてしまう嘘はつかない事。

 

これだけは、十分に心得ておいてください。

 

面接をするにあたり、必ず聞かれることになるのが、フリーターとしての期間。


あくまでも嘘はつかないこと!

この場合、やはりみなさん、この事を話すと採用されないと思いがちで、嘘を書いてしまうとか、嘘を面接の際に言ってしまう傾向にありますが、その時期は、その時期で、これではいけないという事に気づき、この仕事に就きたいと考え、希望しました。

 

というような『気づいた』という気持ちと、そこから得た気持ちがこの仕事を選んだ『前へ進む』というプラスな気持ちを交えた答えを面接の際には、伝える事が大切です。

 

必ず、このフリーターとしての期間における質問はされる事となりますので、その辺の心構え、正直且つ、そこから頑張る気持をもてたというような、転化できたという部分を出せるように心がけておくことは、重要です。

 

その時期を経て、今この仕事を是非したいと思っている、という気持ちと意思を見せる事が、面接時に『空白期間』に関する質問をされた場合に重要なポイントとなります。

 

あくまで嘘をつかず、そこから、気持ちを転化できたという情熱を是非アピールしてください。

 


このページの先頭へ戻る