大手企業と中小企業の違い

フリーターから、正社員への就職を希望する場合、中小企業が一押しです。

 

なぜなら、大手企業は、大概新卒者を優遇、新卒者主義とも言うべき体制ですが、中小企業は、実はそうではありません。

 

中小企業にとにかく必要なのは、即戦力ですから、フリーターの方が、正社員として採用されることもありえない話ではなく、現実可能な場合もあるという事なのです。

 

大概大手が年功序列、つまり会社に長くいればいるほど、偉いという流れですが、中小企業は、会社に長くいても仕事ができなければ意味がない、というシステムなわけですから、今まで、フリーターとしていようが、その会社における戦力となる人材なら、当然採用も確立が高くなります。

 

やはり大手は、新卒主義なので、大手企業への正社員の道は、あきらめ、中小企業における就職活動を検討してください。

その会社の力になれる存在

ただし、必ずしも、という話ではなく、フリーターさんそれぞれの、やる気や意気込みにより、それは異なりますので、とにかく正社員を目指すなら前向きな気持ち、心構え、意気込みを忘れずにトライしてみましょう。

 

なかには、自分ならもっと良い会社へ入れるのではないだろうか?知名度が低い等と考えてしまう方も少なくありませんが、既卒者、フリーターという事で、大企業へ就職する事は、非常に厳しい現実なので、就職を希望する場所には、大手企業がイイとか、知名度が高くなければ等と考えるのはいけません。

 

フリーターが正社員として就職を希望するなら、やはり『大手企業』ではなく、『中小企業』で、就職する場所を選ぶポイントは、総合的な視点から見て判断する事。

 

例えば、収入面はもちろんですが、福利厚生も肝心ですし、業務における内容はもちろんの事、その会社における評判等も知っておくことは会社選びに大いに役に立つでしょうね。

 


このページの先頭へ戻る